難あり銀塩コンパクト(ビッグミニF&初代μ)

 保育参観日だったので、妻と年休をとって保育園へ。息子担当だったのに、なぜか途中から娘のクラスで足型&手型の作成をする羽目に。疲れたが楽しかった。息子は随分と大きくなったものだとしみじみ感じた。
 子供たちが昼食を食べるところをしばらく観た後、近所のラーメン屋で昼食。その後、新宿まで一緒に行って、しばし解散。埼京線の電車が丁度きたところにぶち当たり、走ったので疲れた。
 新宿にはマップカメラで京セラの銀塩コンパクト『Tズーム』を買うつもりだったのだが、シャッターボタンを押してから実際にシャッターが切れるまでのラグが気になったので予定を変更。ヨドバシカメラで、かねてから気になっていたリコーGRD、フジF11などのコンパクトデジカメ、ナチュラやμズームなどの銀塩コンパクトをいじくった。GRDは持っているだけでとうれしくなるような質感。F11はこれで35mm換算28mmか24mmスタートだったら買って帰るのになぁと思うほど反応が早いカメラだった。銀塩コンパクトたちは、Tズームと同程度のラグが気になったので、今度買い足すならデジカメなのかなと思った。
 池袋に戻ってビックカメラのカメラ館の中古コーナーで、難あり品のコニカビッグミニFと、オリンパスμを購入。電池も買って東武デパートの屋上で動かしてみたところ、どちらも傷だらけで、μはパトローネの覗き窓のプラと、レンズ周りのプラパネルが取れたけれど、、、どちらも許容範囲内。両方ともビックカメラで触った銀塩コンパクトたちよりもきびきび動いいる気がする。とりあえずビッグミニにコニカのほっぺにチュを詰めて試写。帰宅後現像したが、綺麗に撮れている。

 そういえば、東武のCD屋で本田美奈子の最新アルバム=遺作を視聴していたら、横の2人も本田美奈子を検索して試聴していた。どちらも、同世代風のサラリーマン。やっぱ俺と一緒で同世代で頑張ってる人が亡くなるのは辛いようだ。俺なんか、日曜の夕方は、風呂場で思わず息子の背中を流しちゃったくらいだ。

 本田美奈子は2日前の日曜日に旅立ってしまって少しブルーが入ってたが、シドニーのクラブに移籍したカズが頑張るっていうニュースを見て少し元気になってきた。
[PR]
by sirius_beta | 2005-11-08 23:28 | カメラ・写真


<< コシナ 24mm F2.8 と... HDR-HC1 >>