自転車を廃車にしてアルフィットViViを手に入れた

 ミヤタのATB、アルフレックスカーボン・リアルタイガーカラーを廃車にした。1990年の夏に購入した遺跡発掘のアルバイトで貯めたお金で購入し、就職した年にフレームとホイールまわりとシートポスト以外のパーツをすべて入れ替えて、本当にあちこち...トルコ・カッパドキアとか...乗っていった思い入れのある自転車だった。走行距離は測っていないが一時付けていたサイクロコンピュータの距離計をぐるりと1周したことがあるので、1万数千kmは走ったと思う。しかし遂に廃車。形見としてハンドルを外して持って帰った。
 代わりに我が家にやってきたのはアシスト機能付きのアルフィットViVi。全く性質の異なる自転車だが、家族が4人に増えた現在、家族で近場に出かけるにはこちらのほうが都合が良い。2年前にも同じ自転車を手に入れてあるので比較してみると、泥よけの材質やライトの種類など、微妙にバージョンアップしている模様。これからどんなドラマがあるのか、楽しみにしている。
 
[PR]
by sirius_beta | 2005-04-30 19:55 | 買うもの買ったもの


<< 前歯のこと 孵化 >>