近況

 公式記録によると、息子が歩き始めたのは遅めの1歳7ヶ月。立つことにチャレンジするよりも、行きたい所にとりあえず行けるハイハイをどこまでも追求していったのが記憶にある。
 一方、娘はあちこち移動するよりも、何かに掴まって立っていたい気持ちが強いのかなと思う。部屋の隅でこっそり練習していたりする。10秒はいかないが、自立継続時間もこのところ延びてきた。この様子からすると、平均的な時期に歩いてくれるのではないかと期待している。
 自分の手から音がするのが楽しいのか、拍手が大好きな娘。『・・ちゃんどこいったかな?』と言いながら探すふりをすると、自分でタオルケットなどの布を顔にかぶせ、体が丸見えなのに隠れたふりをし、『たぁ〜』(『いたぁ〜』?)と言いながら笑顔で出てくる。幼児絵本のいないいないばぁを一人でめくって眺めていることもしばしば。
[PR]
by sirius_beta | 2004-10-25 18:17 | 家のこと


<< 眠れないこと 食器洗い乾燥機 >>